地理教育

5件中 1〜5件目を表示

地図学の聖地を訪ねて  地形図片手にたどる 測量の原点と地理教科書ゆかりの地

松山 洋(編著)

  • 発行日:2017年4月1日
  • 判型:B5
  • ページ数:104ページ
  • 定価:本体1,900円(税別)

『地図学の聖地を訪ねて』は,新たなスタイルの「地形図ぶらり旅」入門書です。 日本経緯度原点・日本水準原点など地図を作る上で重要な場所や,扇状地・河岸段丘など地理教科書でよく取り上げられている場所を「地図学の聖地」と名付けました。そして,著者が実際に訪れた現地の様子を,豊富な地形図・カラー写真とともに紹介しました。

地図学の聖地を訪ねて書影

世界を巡って地理教育  国際理解への扉を開く

井田 仁康(編・著)

  • 発行日:2000年10月20日
  • 判型:B6判
  • ページ数:216ページ
  • 定価:本体1,400円(税別)

世界を巡って地理教育 —国際理解への扉を開く—』は,台湾・韓国・カナダ・シンガポール・中国・ニュージーランド・などを巡って,各々の社会教育・地理教育を概観して,地理教育の意義を考察し,その有用性を提言している本です。国際理解を掲げる上で必要とされる,世界の自然環境や社会環境を理解し,そこで生活をする人々の見方・考え方を考察します。

世界を巡って地理教育書影

トルコの見方  国際理解としての地誌

西脇 保幸(著)

  • 発行日:1999年11月11日
  • 判型:A5判
  • ページ数:230ページ
  • 定価:本体1,900円(税別)

トルコの見方 —国際理解としての地誌—』は,トルコの地域の様々な事象を関連づけ,異文化理解や開発教育などの国際理解的な視点を取り入れながら,トルコの地域像を描き出し地誌的にまとめた本です。トルコに対する著者の素朴な関心が20年来にわたるトルコ訪問となり,現地調査・データ・交流で得られた知見が豊富な写真と図版によって述べられています。

トルコの見方書影

山と校歌  中学校校歌にうたわれている山地

朝倉 隆太郎(著)

  • 発行日:1999年2月20日
  • 判型:B5判
  • ページ数:400ページ
  • 定価:本体10,000円(税別)

山と校歌 —中学校校歌にうたわれている山地—』は,全国の中学校に「校歌に関する調査票」を郵送し,その回答に基づき,歌詞のなかから「山地」(島・半島・岬を含む)を取り上げて考察を行なったもので,著者の研究の集大成と言える本です。

山と校歌書影

ラブリーニュージーランド  自然と人間の生活

井田 仁康(著)

  • 発行日:1996年4月6日
  • 判型:B6判
  • ページ数:210ページ
  • 定価:本体1,748円(税別)

ラブリーニュージーランド —自然と人間の生活—』は,ニュージーランドでの生活体験を基に,各地方の自然の美しさやそこに暮らす人々を紹介した本です。統計などの客観的資料を多く採用して,地理的見地からの裏付けを得るよう工夫しています。

ラブリーニュージーランド書影