南北アメリカ

6件中 1〜6件目を表示

大地を受け継ぐ  土地なし農民運動と新しいブラジルをめざす苦闘

山本 正三 訳

  • 発行日:2016年4月1日
  • 判型:A5
  • ページ数:416ページ
  • 定価:本体4,800円(税別)

現代のラテンアメリカを語るうえで最も重要で新しい社会運動の一つである,ブラジルの土地なし農民運動。その研究の第一人者により著された名著の翻訳本。農業大国ブラジルにおける農地改革の歴史が,入植の時代から脈々と描かれる。大衆的な教育の普及や環境破壊への対処にも大きく寄与したこの社会運動は,ブラジルの知られざるもう一つの姿を映し出している。

大地を受け継ぐ書影

自然地理のなぜ!? 48  世界を歩いて謎を解く

松本 穂高 著

  • 発行日:2016年4月1日
  • 判型:A5
  • ページ数:208ページ
  • 定価:本体1,800円(税別)

『自然地理のなぜ!? 48』は完売・絶版と致しました。
本書の改装・新訂版が山川出版社より『歩いてわかった地球のなぜ!?』
という タイトルで刊行されました。新しく3テーマを追加し,
誌面をオールカラー化, 写真も新たに差し替えております。
詳しくは山川出版社のHPをご覧ください。

自然地理のなぜ!? 48書影

写真は語る 南アメリカ・ブラジル・アマゾンの魅力

松本 栄次(著)

  • 発行日:2012年4月1日
  • 判型:B5判
  • ページ数:192ページ
  • 定価:本体3,800円(税別)

写真は語る 南アメリカ・ブラジル・アマゾンの魅力』は,40年におよぶ実地調査に基づいて,知られざる南米の真の姿に迫った本です。500点近くの豊富なカラー写真を,詳細な解説とともに掲載しており,地形・気候・土壌・植生の総合的な観点から,南米の産業や人間生活の移り変わりを読み解きます。

写真は語る 南アメリカ・ブラジル・アマゾンの魅力書影

ラテンアメリカ入門

Alan Gilbert(著),山本 正三(訳)

  • 発行日:1996年4月1日
  • 判型:A5判
  • ページ数:112ページ
  • 定価:本体1,359円(税別)

ラテンアメリカ入門』は,ルートレッジ第三世界開発叢書『Latin America』1990の日本語訳です。ラテンアメリカ地域の発展を,16世紀の植民地形成から現代まで振り返り,進歩と貧困を外部の影響と内部の活力から解釈し,農業開発,工業化,所得配分,人種,性差や政治の性格など広範囲の問題を歴史的背景を念頭に考察しました。

ラテンアメリカ入門書影

改訂版

アメリカとカナダの風土  日本的視点

正井 泰夫(著)

  • 発行日:1995年4月1日
  • 判型:A5判
  • ページ数:168ページ
  • 定価:本体2,330円(税別)

アメリカとカナダの風土 改訂版』は,アメリカ人やカナダ人を,日本人がどう見るか,見るべきか,日本人とどこが似ているか,異なるかを同じ尺度で比べ,自然,民族,産業などを生活面との関連で捉えた本です。

アメリカとカナダの風土書影

ラテンアメリカの巨大都市  第三世界の現代文明

山田 睦男・細野 昭雄・高橋 伸夫・中川 文雄(著)

  • 発行日:1994年4月10日
  • 判型:B5判
  • ページ数:342ページ
  • 定価:本体6,505円(税別)

ラテンアメリカの巨大都市 第三世界の現代文明』は,メキシコ市やサンパウロを中心とするブラジルの大都市圏に生じている深刻な都市問題を中心に,ラテンアメリカにおける巨大都市研究の現代的意義と課題を詳述した本です。

ラテンアメリカの巨大都市書影