日本・地域研究

12件中 11〜12件目を表示

地域変化とその構造  高度経済成長期の農山漁村

石井 英也(著)

  • 発行日:1992年11月23日
  • 判型:A5判
  • ページ数:168ページ
  • 定価:本体2,233円(税別)

地域変化とその構造 —高度経済成長期の農産漁村—』は,高度経済成長期における農山漁村の変容の実態と、その地理的意味を考察する本です。地域変化の実態と構造的特徴を実例を通して把握しました。

地域変化とその構造書影

首都圏の空間構造

山本 正三(編・著)

  • 発行日:1991年3月31日
  • 判型:B5判
  • ページ数:496ページ
  • 定価:本体6,796円(税別)

首都圏の空間構造』は,東京を擁する首都圏がいかなる地域性を有しているのか,55名の研究者が新しい地域構造を模索し具現化した地誌論文集です。「あとがき」で「空間構造の特質」と題し,全体をまとめています。

首都圏の空間構造書影