二宮書店の新刊書籍

  • 二宮書店では,地理に関連した単行本を刊行しています。お近くの書店で,ご注文ください。
  • また,各書籍のページから,各オンライン書店へのリンクを掲載しています。

データが読めると世界はこんなにおもしろい データブック オブ・ザ・ワールド入門

データブック入門編集委員会

  • 発行日:2020年1月10日
  • 判型:A5判
  • ページ数:200ページ
  • 定価:本体2,000円(税別)

『データブック オブ・ザ・ワールド』をわかりやすく解説した入門書。世界と日本の統計データを読み解き,さまざまな事象の裏側を解き明かします。データブックに掲載された13分野から88テーマを取り上げました。現代世界の動向や,分野をこえた統計の因果関係,過去からの変化と比較など,「なぜ」「どうして」の疑問からわかりやすく解説しています。

データが読めると世界はこんなにおもしろい書影

新しい地理の授業 高校「地理」新時代に向けた提案

千葉県高等学校教育研究会地理部会(編)

  • 発行日:2019年11月10日
  • 判型:A5判
  • ページ数:224ページ
  • 定価:本体2,500円(税別)

「地理総合」のヒントになる授業実践事例集。本書は新学習指導要領における「地理総合」の構成に目次を揃え,想定される授業について現在の授業実践をもとに指導方法や授業展開を提案した授業実践事例集です。千葉県高等学校教育研究会地理部会が執筆陣としてこれまでに培ってきた授業のノウハウを一冊にまとめました。

新しい地理の授業書影

ツーリズムの地理学 観光から考える地域の魅力

菊地 俊夫(編著)

  • 発行日:2018年3月15日
  • 判型:A5
  • ページ数:224ページ
  • 定価:本体3,200円(税別)

『ツーリズムの地理学』は,都市・農村・自然地域における観光を通した持続可能な地域づくりについて,日本と世界の豊富な事例をもとに地理学的な視点で読み解いた本です。地域活性化・地域づくりのヒントとして広く活用できる観光・ツーリズムの事例を,都市地域,農村地域,自然地域の3編に分けて紹介しています。

ツーリズムの地理学書影

地図学の聖地を訪ねて 地形図片手にたどる 測量の原点と地理教科書ゆかりの地

松山 洋(編著)

  • 発行日:2017年4月1日
  • 判型:B5
  • ページ数:104ページ
  • 定価:本体1,900円(税別)

『地図学の聖地を訪ねて』は,新たなスタイルの「地形図ぶらり旅」入門書です。 日本経緯度原点・日本水準原点など地図を作る上で重要な場所や,扇状地・河岸段丘など地理教科書でよく取り上げられている場所を「地図学の聖地」と名付けました。そして,著者が実際に訪れた現地の様子を,豊富な地形図・カラー写真とともに紹介しました。

地図学の聖地を訪ねて書影

スキーリゾートの発展プロセス 日本とオーストリアの比較研究

呉羽 正昭(著)

  • 発行日:2017年4月1日
  • 判型:A5
  • ページ数:232ページ
  • 定価:本体3,200円(税別)

スキーリゾートの発展プロセス』は,日本とオーストリアを事例に,スキーリゾートの発展プロセスにみられる地域的・時間的傾向,発展にかかわる地域的条件について地理学の立場から解明する,スキーリゾートの理解や今後の再生に必読の書です。

スキーリゾートの発展プロセス書影

87件中 41〜50件目を表示

めぐろシティカレッジ叢書1

食の世界  私たちの食を考える

菊地 俊夫(編・著)

  • 発行日:2002年4月10日
  • 判型:A5判
  • ページ数:192ページ
  • 定価:本体1,300円(税別)

食の世界 —私たちの食を考える—』は,生活の基本要素である衣・食・住の中で,近年特に関心の高い食文化に焦点をあてて,地理学や食品学・歴史学に関わる視点から,あるいは,食の最前線に立つ日本料理,中国料理,フランス料理,ブラジル料理のシェフや料理人の立場からのトピックをとりあげて綴った本です。

食の世界書影

写真で読む地域の変貌 —東日本編—

穂積 修一(著・撮影)

  • 発行日:2001年11月22日
  • 判型:B5判
  • ページ数:208ページ
  • 定価:本体3,200円(税別)

写真で読む地域の変貌 —東日本編—』は,20世紀後半における日本国内の地域発展に伴う地理的地域景観を,30〜40年有余の時を経て定点観測した写真集の東日本編です。

写真で読む地域の変貌 —東日本編—書影

農業変化の歴史地理学

David Grigg(著),山本 正三・手塚 章・村山 祐司(訳)

  • 発行日:2001年4月1日
  • 判型:A5判
  • ページ数:264ページ
  • 定価:本体1,800円(税別)

農業変化の歴史地理学』は,1982年に刊行されたグリッグの名著「The Dynamics of Agricultural Change」の日本語訳です。農業経済史などに興味がある人を対象とした,農業の歴史を解釈するための概説的な手引き書となっています。

農業変化の歴史地理学書影

世界を巡って地理教育  国際理解への扉を開く

井田 仁康(編・著)

  • 発行日:2000年10月20日
  • 判型:B6判
  • ページ数:216ページ
  • 定価:本体1,400円(税別)

世界を巡って地理教育 —国際理解への扉を開く—』は,台湾・韓国・カナダ・シンガポール・中国・ニュージーランド・などを巡って,各々の社会教育・地理教育を概観して,地理教育の意義を考察し,その有用性を提言している本です。国際理解を掲げる上で必要とされる,世界の自然環境や社会環境を理解し,そこで生活をする人々の見方・考え方を考察します。

世界を巡って地理教育書影

東欧革命後の中央ヨーロッパ  旧東ドイツ・ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリーの挑戦

小林 浩二(編・著)

  • 発行日:2000年3月16日
  • 判型:A5判
  • ページ数:272ページ
  • 定価:本体2,600円(税別)

東欧革命後の中央ヨーロッパ —旧東ドイツ・ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリーの挑戦—』は,旧ヨーロッパ諸国の中で,東欧革命以後,発展がより顕著になっている旧東ドイツ,ポーランド,チェコ,スロヴァキア,ハンガリーの中央ヨーロッパ諸国を対象に,こうした段階にある地域的諸相とその特色を明らかにした書です。

東欧革命後の中央ヨーロッパ書影

トルコの見方  国際理解としての地誌

西脇 保幸(著)

  • 発行日:1999年11月11日
  • 判型:A5判
  • ページ数:230ページ
  • 定価:本体1,900円(税別)

トルコの見方 —国際理解としての地誌—』は,トルコの地域の様々な事象を関連づけ,異文化理解や開発教育などの国際理解的な視点を取り入れながら,トルコの地域像を描き出し地誌的にまとめた本です。トルコに対する著者の素朴な関心が20年来にわたるトルコ訪問となり,現地調査・データ・交流で得られた知見が豊富な写真と図版によって述べられています。

トルコの見方書影

山と校歌  中学校校歌にうたわれている山地

朝倉 隆太郎(著)

  • 発行日:1999年2月20日
  • 判型:B5判
  • ページ数:400ページ
  • 定価:本体10,000円(税別)

山と校歌 —中学校校歌にうたわれている山地—』は,全国の中学校に「校歌に関する調査票」を郵送し,その回答に基づき,歌詞のなかから「山地」(島・半島・岬を含む)を取り上げて考察を行なったもので,著者の研究の集大成と言える本です。

山と校歌書影

最新 地理小辞典 三訂版

芦刈 孝(編纂)

  • 発行日:1998年1月10日
  • 判型:B6判
  • ページ数:424ページ
  • 定価:本体800円(税別)

最新 地理小辞典 三訂版』は,7000余りの項目を収録した地理学習用の小辞典です。項目は、地理学習で用いられている用語を中心に、地名・人名・産物名や地理以外でも用いられる自然・社会科学部門の項目も収録しました。

最新 地理小辞典 三訂版書影

台湾  いま激動する国

嚴 勝雄(編・著)

  • 発行日:1997年4月1日
  • 判型:A5判
  • ページ数:168ページ
  • 定価:本体2,400円(税別)

台湾 —いま激動する国—』は,台湾に関する数少ない日本語の地理書です。地形・気候・産業・都市・村落などの多様なテーマで,地理的な見地から台湾を考察した。16世紀中葉から現代を歴史的に概観,台湾に関する調査を基礎にした論文が中心となっています。台湾研究の基礎文献として必読です。

台湾書影

ドイツが変わる 東欧が変わる

小林 浩二(編・著)

  • 発行日:1996年4月6日
  • 判型:A5判
  • ページ数:240ページ
  • 定価:本体2,233円(税別)

ドイツが変わる 東欧が変わる』は,旧東ドイツの人口,農・工・商業,都市と農村,地域計画の特質について,また,ポーランド・チェコ・ハンガリーを対象に,民営化の進展,外国資本の流入,地域の変化について考察した本です。

ドイツが変わる 東欧が変わる書影