ヨーロッパ統合時代のアルザスとロレーヌ

ヨーロッパ統合時代のアルザスとロレーヌ

概要

ヨーロッパ統合時代のアルザスとロレーヌ』は,ヨーロッパの一大拠点であるアルザス・ロレーヌ地方に着目し「統合ヨーロッパ」の実現を目指すべく行われる努力の実態・動向を捉える,気鋭の著者陣による論考集です。

説明

著者プロフィール

  • 手塚 章:1951年神奈川県生まれ。筑波大学生命環境科学研究科教授,理学博士。
  • 呉羽 正昭:1964年長野県生まれ。筑波大学生命環境科学研究科准教授,Dr. Phil。

目次

序章:ヨーロッパ中軸国境地帯の変容

  • 1 中軸国境地帯の意味
  • 2 フランス北東部の国境地帯
  • 3 アルザスとロレーヌをめぐる地域概念の変遷
  • 4 国境地帯におけるトランスボーダー化の進展
    • 4−1 通勤流動の拡大
      • 1)アルザスの事例
      • 2)ロレーヌの事例
    • 4−2 地域間連携組織の展開
      • 1)アルザスの事例
      • 2)ロレーヌの事例
  • 5 中軸国境地帯における空間的統合の展望と課題

第1部:アルザス地方

第1章:アルザス—フランスの周辺からヨーロッパの中心へ—

  • 1 ヨーロッパ統合時代のアルザス
  • 2 地域イメージの転換
    • 2−1 国境の変化
    • 2−2 都市の変化
  • 3 将来にむけた地域整備戦略
  • 4 アルザスの「切り札」と弱点
    • 4−1 ヨーロッパのなかのアルザス
    • 4−2 ストラスブールの都市イメージ
    • 4−3 経済の多様性
    • 4−4 社会的一体性
  • 5 課題と展望
    • 5−1 都市空間の再編成
    • 5−2 共通する資源の管理
    • 5−3 EU統合を制御する必要性
    • 5−4 適切な空間管理の創造

第2章:多国籍企業の立地展開と地域経済

  • 1 はじめに
  • 2 フランスへの直接投資と多国籍企業
    • 2−1 全体的な特徴
    • 2−2 日本からの直接投資と日系企業の特徴
  • 3 アルザス地域における多国籍企業の展開と地域経済
    • 3−1 全体的特徴
    • 3−2 ドイツ系企業の展開
    • 3−3 北アメリカ系企業の展開
    • 3−4 日系企業の展開
  • 4 おわりに

第3章:アルザス地方の言語問題—地域言語の展開と現状—

  • 1 はじめに
  • 2 ヨーロッパ諸言語におけるアルザス語の位置
  • 3 歴史的展開
  • 4 1999年の言語調査にみるアルザス語
    • 4−1 調査の概要
    • 4−2 アルザス語と他の地域言語
    • 4−3 アルザス語の現状
      • 1)出生地
      • 2)年齢・職業・居住地
    • 4−4 アルザス語の維持要因
  • 5 おわりに

第4章:ストラスブール—国境都市からトランスボーダー都市へ—

  • 1 都市イメージの転換
  • 2 民族の境界と固化の境界
    • 2−1 国境都市ストラスブールの形成
    • 2−2 国境の港湾:ストラスブール港とケール港
  • 3 ヨーロッパ統合時代の都市発展戦略
    • 3−1 ヨーロッパ首都としてのストラスブール
    • 3−2 ストラスブール・ケール軸の都市整備事業
    • 3−3 トランスボーダーな都市計画への取り組み
  • 4 課題と展望

第5章:バーゼル都市圏と越境地域連携

  • 1 はじめに
  • 2 越境地域連携の展開
  • 3 越境地域連携の主体
    • 3−1 越境地域連携の担い手
    • 3−2 越境地域連携と企業
  • 4 インターレグと越境地域連携
    • 4−1 インターレグからみた地域性
    • 4−2 インターレグと越境地域連携
    • 4−3 インターレグと越境地域連携の自立
  • 5 おわりに

第2部:ロレーヌ地方

第6章:ロレーヌ—重工業からヨーロッパ統合へ—

  • 1 ヨーロッパ統合時代のロレーヌ
  • 2 政治的空間ユニットの歴史的変化
  • 3 ロレーヌの工業地域
  • 4 南北にのびる都市ベルト
    • 4−1 メス(メッツ)
    • 4−2 ナンシー
  • 5 再編成される農村空間
  • 6 課題と展望

第7章:ロレーヌ地域における産業転換過程

  • 1 本章の課題
  • 2 ロレーヌ鉱工業地域の形成と衰退
    • 2−1 鉄鉱石採取および鉄鋼業の展開
    • 2−2 産炭業の展開
    • 2−3 産業および雇用の動態
  • 3 産業転換政策の展開と産業遊休地整備
    • 3−1 ロレーヌ地域における産業転換政策の展開
    • 3−2 ポンペイ地区の整備事業
    • 3−3 ロングウィ地区の整備事業
    • 3−4 アルゼット地区の整備事業
  • 4 産業転換の課題

第8章:グランドリージョン(Saar-Lor-Lux国境地域)における人口流動

  • 1 はじめに
  • 2 グランドリージョンにおける越境通勤流動
    • 2−1 越境通勤流動の概要
    • 2−2 受け入れ地域としてのルクセンブルク
    • 2−3 送り出し地域としてのロレーヌ
    • 2−4 ロレーヌからザールラントへの通勤移動
  • 3 買い物のための流動
  • 4 観光行動のための流動
  • 5 おわりに

終章:統合ヨーロッパにおける国境地帯の将来と課題

  • 1 文化地域としてのヨーロッパ
  • 2 アルザスおよびロレーヌにおける国境地域の課題と展望
    • 2−1 ドイツ人によるアルザスへの越境移住
    • 2−2 ロレーヌおよびザールラントの自動車産業
  • 3 スイスとEU
  • 4 おわりに

あとがき

ヨーロッパ統合時代のアルザスとロレーヌ書影
  • 発行日:
  • 判型:A5判
  • ページ数:184ページ
  • 定価:本体3,000円(税別)
  • ISBN:978-4-8176-0327-2
オンライン書店
各種ダウンロード