日本地誌

22件中 11〜20件目を表示

日本地誌 第20巻  佐賀県・長崎県・熊本県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1976年4月
  • 判型:B5判
  • ページ数:553ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第20巻書影

日本地誌 第21巻  大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1975年10月
  • 判型:B5判
  • ページ数:672ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第21巻書影

日本地誌 第15巻  大阪府・和歌山県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1974年5月
  • 判型:B5判
  • ページ数:522ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第15巻書影

日本地誌 第9巻  中部地方総論・新潟県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1972年10月
  • 判型:B5判
  • ページ数:485ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第9巻書影

日本地誌 第11巻  長野県・山梨県・静岡県

  • 発行日:1972年2月
  • 判型:B5判
  • ページ数:675ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第11巻書影

日本地誌 第4巻  宮城県・山形県・福島県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1971年2月
  • 判型:B5判
  • ページ数:566ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第4巻書影

日本地誌 第12巻  愛知県・岐阜県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1969年10月
  • 判型:B5判
  • ページ数:578ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。
◎在庫僅少です

日本地誌 第12巻書影

日本地誌 第18巻  香川県・愛媛県・徳島県・高知県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1969年3月
  • 判型:B5判
  • ページ数:529ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第18巻書影

日本地誌 第8巻  千葉県・神奈川県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1968年12月
  • 判型:B5判
  • ページ数:565ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第8巻書影

日本地誌 第5巻  関東地方総論・茨城県・栃木県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1968年11月
  • 判型:B5判
  • ページ数:643ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第5巻書影