アメリカの石炭の産出量が見かけ上減少していることについて

アメリカの石炭の産出量が見かけ上減少していることについて

国連「Energy Statistics Yearbook」の2003年版と2004年版で,表6「石炭の産出量」のうち,特にアメリカの数値が大きく減少していました。データブック2009年 版では修正されているのですが,2008年版の83ページでアメリカの石炭の産出量の数値が減少しているのはなぜでしょうか?

国連「Energy Statistics Yearbook」の2003年版と2004年版で,表6「石炭の産出量」のうち,特にアメリカの数値が大きく減少していました。

この件について,国連統計局(United Nations Statistics Division)のAssociate Statisticianに問い合わせたところ,以下の返答を得ました。

As regards the coal revision for the US: what happens is that we receive data for OECD member countries from the International Energy Agency (IEA), with whom we have a data sharing agreement to reduce response burden on countries. However, our definitions of hard coal and lignite/brown coal are different from those of IEA. In our definition, sub-bituminous coal (a subcategory of coal) is included under lignite/brown coal; whereas in IEA's definition it is included under hard coal. When we noticed the discrepancy between our stated definition and our reported figures, we proceeded to revise data. Rest assured that the amount taken from hard coal (approximately 400 million tonnes) appears now under lignite/brown coal, and corresponds to sub-bituminous coal.

《意訳》OECD加盟国のデータは,各国の回答の手間を省くためにIEAと共有しています。しかし,硬炭=石炭(Hard Coal)と亜炭・褐炭(lignite/brown coal)の定義がIEAと国連とでは異なります。国連では,亜瀝青炭(sub-bituminous coal)は亜炭・褐炭に含むのですが,IEAでは硬炭に含んでいます。定義と報告数字の食い違いが判明し,データを改訂しました。硬炭から除かれた量 は,亜炭・褐炭の増えた量と対応しておりますのでご安心下さい。

Hard Coal Production(United States)=アメリカの硬炭(石炭)

2003年版   -->   2004年版

949519   -->   554709  2001

917911   -->   520243  2002

893928   -->   492391  2003

Production of lignite/brown coal in Table 8 (United States)=アメリカの亜炭・かっ炭

2003年版   -->   2004年版

72614   -->   466708  2001

74806   -->   472474  2002

78350   -->   479887  2003

弊社統計は,国連統計を優先して数値を掲載することとしました。2009年版以降の『データブック オブ・ザ・ワールド』と『地理統計要覧』では,83ページの表4と6,各国要覧の統計について,過去に遡って数値の修正を行っておりますのでご注意ください。