サモアとトケラウ諸島が日付変更線を変更

サモアとトケラウ諸島が日付変更線を変更

2011年12月29日

サモアとトケラウ諸島(ニュージーランド非自治領)は,2011年12月29日(木)24時に,国土の西側に引かれていた日付変更線を東側に移動させました。これに伴い,12月30日(金)はスキップされ,31日(土)となりました。

サモアは,歴史的にはアメリカ合衆国との経済的な結びつきが強かったため,アメリカ合衆国と同じ日付を用いてきましたが,現在では,ニュージーランドや中国などとの経済的な結びつきが強くなったため,日付変更線を移動させました。トケラウ諸島は,サモアと交通・経済的に結びつきが強いため,サモアの変更に追随しました。

これに伴う,時差の変更は下記の通りです。

サモア独立国 UTC−11 → UTC+13
トケラウ諸島 UTC−10 → UTC+14