ボリビア共和国がボリビア多民族国へ国名を変更

ボリビア共和国がボリビア多民族国へ国名を変更

2009年7月14日

2009年3月,ボリビア共和国(Republic of Bolivia)がボリビア多民族国(Plurinational State of Bolivia)へ国名を変更しました。

2009年1月25日に憲法改正のための国民投票が実施され,先住民の権利拡大が盛り込まれた新憲法案が61.43%の支持を得て,承認されました。

憲法の前文には「多民族共同体の権利に基づく社会的統一国家」であることが明記され,36すべての先住民族言語を公用語と規定しました。また,先住民族の権利や地方自治についても,詳細に規定されています。

ボリビアの公用語一覧

  • Castillian Spanish, Aymara, Araona, Baure, Bésiro (Chiquitano), Canichana, Cavineño, Cayubaba, Chácobo, Chimán, Ese Ejja, Guaraní, Guarasu’we, Guarayu, Itonama, Leco, Machajuyaikallawaya (Kallawaya) , Machineri (Machiguenga), Maropa, Mojeño-Trinitario, Mojeño-Ignaciano, Moré, Mosetén (Tsimane’), Movima, Pacawara (Pacahuara), Puquina, Quechua, Sirionó, Tacana, Tapiete, Toromona, Uru-Chipaya, Weenhayek (Wichí Lhamtés Nocten, Wichí Lhamtés Vejoz), Yaminawa, Yuki, Yuracaré and Zamuco (Ayoreo).