観光と地域

概要

観光と地域』は,旅とは人間にとって何なのかを,系統的な展開と草津・湯沢・安房白浜などの実例調査を通して分析・詳述し,地理学者の目を通して「観光」を論究した本です。

説明

著者プロフィール

  • 佐々木 博:1936年新潟県生まれ。1962〜1964年,ドイツ政府留学生(DAAD)としてフライブルク大学留学。1972〜1973,1978年,A.v. フンボルト財団研究員としてボン大学で研究。現職は筑波大学教授(地球科学系)。

目次

第I編 観光論

第1章 観光概論
(観光とは/観光の歴史/観光の現代的意義/観光地理学)
第2章 日本の観光
(国民所得の向上とライフスタイルの変化/国内観光旅行/国際観光旅行/観光対象・観光地)
第3章 観光の経済的役割
(主要国の観光収入/国際観光流動/観光関連産業/旅行業)
第4章 観光の地域的役割
(観光と地域の関係/観光政策/国立公園/ドイツの自然公園/都市観光/観光地域構造)
第5章 観光類型
(観光目的による5類型/観光目的地による類型/観光地発展に影響を与える立地要因/ユーゲントヘルベルゲ/クルーズ観光)

第II編 観光地域論

第1章 温泉観光地「草津」
(はじめ/温泉地草津の形成/多角的リゾート地の形成/おわり〜社会構造と文化景観変貌の要因)
第2章 スキーリゾート観光地「雪国湯沢」
(はじめ/湯沢町の発達過程/リゾートマンションの現状分析/リゾートマンションブームの地域への影響/おわり〜リゾートマンションブームの要因)
第3章 海岸リゾート観光地「安房白浜」
(はじめ/白浜町の概観/農業の変貌/伝統的生業としての漁業/新しい観光業/おわり〜地域変容の特色とその要因)
第4章 スポーツ観光地「山中湖村」
(はじめに/高度経済成長期までの山中湖村/高度経済成長期以降の観光化/日本最大のテニス民宿村平野/人口モビリティーの増大/おわり)
第5章 高原観光地「清里」
(はじめに/清里高原形成史/観光地清里高原の構成要素/清里高原のイメージ/おわり)
第6章 日本の森林レクリエーション観光地
(はじめに/森林レクリエーションの位置づけ/レクリエーションの森の分布/おわり) 第7章 宗教観光地「筑波山門前町」 (はじめに/筑波山門前町の形成/門前町の生態/まとめ)
観光と地域書影
  • 発行日:
  • 判型:B5判
  • ページ数:292ページ
  • 定価:本体2,800円(税別)
  • ISBN:978-4-8176-0161-2
オンライン書店
各種ダウンロード