東欧革命後の中央ヨーロッパ

東欧革命後の中央ヨーロッパ

旧東ドイツ・ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリーの挑戦

概要

東欧革命後の中央ヨーロッパ —旧東ドイツ・ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリーの挑戦—』は,旧ヨーロッパ諸国の中で,東欧革命以後,発展がより顕著になっている旧東ドイツ,ポーランド,チェコ,スロヴァキア,ハンガリーの中央ヨーロッパ諸国を対象に,こうした段階にある地域的諸相とその特色を明らかにした書です。

説明

著者プロフィール

  • 小林浩二:1946年埼玉県生まれ。岐阜大学教育学部教授・理学博士。専門分野はドイツ・ヨーロッパ地誌学,農業地理学。
  • 佐々木 博:1936年新潟県生まれ。目白大学人文学部教授・理学博士。専門分野は農業地理学,社会地理学。
  • 森 和紀:1945年中国江蘇州生まれ。三重大学教育学部教授・理学博士。専門分野は水門学。
  • 加賀美 雅弘:1957年大阪府生まれ。東京学芸大学教育学部助教授・理学博士。専門分野は社会地理学。
  • 山本 充:1960年富山県生まれ。埼玉大学教養学部助教授・理学博士。専門分野は農業・農村地理学。
  • 中川 聡史:1963年兵庫県生まれ。神戸大学経済学部助教授・理学修士。専門分野は人口地理学,都市地理学。
  • 呉羽 正昭:1964年長野県生まれ。愛媛大学法文学部助教授・Dr. Phil。専門分野は観光地理学,ヨーロッパ地誌学。

目次

  • 第一章 中央ヨーロッパ諸国の都市化と人口移動 —旧東ドイツとポーランドを例に—(中川 聡史)
  • 第二章 ヴィシェグラード諸国における農業の変化 —集団農業から個人農を重視した農業への転換—(小林 浩二)
  • 第三章 ヴィシェグラード諸国における都市の変化(山本 充)
  • 第四章 ヴィシェグラード諸国における観光の変化(呉羽 正昭)
  • 第五章 ヴィシェグラード諸国における水環境の変化(森 和紀)
  • 第六章 旧東ドイツにおける乳製品製造業の変化(Meike WOLLKOPF/小林 浩二 抄訳)
  • 第七章 ポーランドにおける民営化の進展と外国直接投資(佐々木 博)
  • 第八章 ポーランドにおける交通の変化(Zbigniew TAYLOR/中川 聡史 抄訳)
  • 第九章 チェコの社会変動 -北ボヘミア地方の事例-(Frantisek ZICH/呉羽 正昭 抄訳)
  • 第一〇章 チェコ、ボヘミア地方の都市における商業と消費者行動の変化(Jorg MAIER, Volker DITTMEIER, Frolian BIRK and Michael STETTBERGER/山本 充 抄訳)
  • 第一一章 転換期におけるスロヴァキアの人口動態(Josef MLADEK/中川 聡史 抄訳)
  • 第一二章 スロヴァキアにおける市場経済化の進展と工業の変化(Josef MLADEK/佐々木 博 抄訳)
  • 第一三章 ハンガリーにおけるドイツ系少数集団と地域統合(加賀美 雅弘)
  • 第一四章 ハンガリーにおける住民の教育水準と就業構造(Peter MEUSBURGER/加賀美 雅弘 抄訳)
東欧革命後の中央ヨーロッパ書影
  • 発行日:
  • 判型:A5判
  • ページ数:272ページ
  • 定価:本体2,600円(税別)
  • ISBN:978-4-8176-0174-2
オンライン書店
各種ダウンロード