台湾

台湾

いま激動する国

概要

台湾 —いま激動する国—』は,台湾に関する数少ない日本語の地理書です。地形・気候・産業・都市・村落などの多様なテーマで,地理的な見地から台湾を考察した。16世紀中葉から現代を歴史的に概観,台湾に関する調査を基礎にした論文が中心となっています。台湾研究の基礎文献として必読です。

説明

著者プロフィール

  • 嚴 勝雄:1935年東京都生まれ。1937年中国福建省に帰国,1946年台湾に渡る。現在は,台湾彰化師範大学地理学系教授・理学博士。

目次

第1部  自然環境

(多様な地形/南北に差の大きい気候)

第2部 人口と祖籍別分布

(人口成長と産業構造/祖籍別分布と原郷の生活様式)

第3部  産業の地理

(台湾農業地域の区分(1990年)/台湾の茶園/桃園台地における水利社会の空間組織の変化/台湾中央山地における温帯落葉果樹と高冷地蔬菜/台湾の経済発展と工業科)

第4部  集落と都市

(台湾における集落・都市発展の歴史的背景/集落・都市発展の概観/台湾都市の現況/新竹の地域発展と城郷(都鄙)の相互作用/集落の伝統居住空間—北埔)
台湾書影
  • 発行日:
  • 判型:A5判
  • ページ数:168ページ
  • 定価:本体2,400円(税別)
  • ISBN:978-4-8176-0150-6
オンライン書店
各種ダウンロード