地域変化とその構造

地域変化とその構造

高度経済成長期の農山漁村

概要

地域変化とその構造 —高度経済成長期の農産漁村—』は,高度経済成長期における農山漁村の変容の実態と、その地理的意味を考察する本です。地域変化の実態と構造的特徴を実例を通して把握しました。

説明

著者プロフィール

石井 英也:1944年栃木県生まれ。1972年東京教育大学大学院博士過程終了。現在筑波大学歴史・人類学系教授・理学博士。

目次

I 地域変化研究の視点
地域変化とその構造/高度経済成長期の意義
II 地域変化の実例
南伊豆臨海集落における民宿地域の形成/白馬村における民宿地域の形成/山形県置賜小国における山域利用の変貌/東関東における台地の農業的利用高度化の一側面/利根川下流域における低湿地の改変と地域の変化/鹿島砂丘地帯における地域進化の一類型
III  地域変化の諸側面
イノベーションの受容と地域の性格/共生と競合/地域変化と社会集団/地域変化と土地利用/高度経済成長期における地域変化の特徴
地域変化とその構造書影
  • 発行日:
  • 判型:A5判
  • ページ数:168ページ
  • 定価:本体2,233円(税別)
  • ISBN:978-4-8176-0112-4
オンライン書店
各種ダウンロード