単行本

二宮書店の新刊書籍

  • 二宮書店では,地理に関連した単行本を刊行しています。お近くの書店で,ご注文ください。
  • また,各書籍のページから,各オンライン書店へのリンクを掲載しています。

地図学の聖地を訪ねて 地形図片手にたどる 測量の原点と地理教科書ゆかりの地

松山 洋(編著)

  • 発行日:2017年4月1日
  • 判型:B5
  • ページ数:104ページ
  • 定価:本体1,900円(税別)

『地図学の聖地を訪ねて』は,新たなスタイルの「地形図ぶらり旅」入門書です。 日本経緯度原点・日本水準原点など地図を作る上で重要な場所や,扇状地・河岸段丘など地理教科書でよく取り上げられている場所を「地図学の聖地」と名付けました。そして,著者が実際に訪れた現地の様子を,豊富な地形図・カラー写真とともに紹介しました。

地図学の聖地を訪ねて書影

スキーリゾートの発展プロセス 日本とオーストリアの比較研究

呉羽 正昭(著)

  • 発行日:2017年4月1日
  • 判型:A5
  • ページ数:232ページ
  • 定価:本体3,200円(税別)

スキーリゾートの発展プロセス』は,日本とオーストリアを事例に,スキーリゾートの発展プロセスにみられる地域的・時間的傾向,発展にかかわる地域的条件について地理学の立場から解明する,スキーリゾートの理解や今後の再生に必読の書です。

スキーリゾートの発展プロセス書影

Field Note

  • 発行日:2017年4月1日
  • 判型:B6判変形
  • ページ数:128ページ
  • 定価:本体600円(税別)

Field Note(フィールドノート)』 は野帳,測量野帳ともよばれる野外で記録するためのノートです。

Field Note書影

78件中 71〜78件目を表示

日本地誌 第11巻  長野県・山梨県・静岡県

  • 発行日:1972年2月
  • 判型:B5判
  • ページ数:675ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第11巻書影

日本地誌 第4巻  宮城県・山形県・福島県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1971年2月
  • 判型:B5判
  • ページ数:566ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第4巻書影

日本地誌 第12巻  愛知県・岐阜県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1969年10月
  • 判型:B5判
  • ページ数:578ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。
◎在庫僅少です

日本地誌 第12巻書影

日本地誌 第18巻  香川県・愛媛県・徳島県・高知県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1969年3月
  • 判型:B5判
  • ページ数:529ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第18巻書影

日本地誌 第8巻  千葉県・神奈川県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1968年12月
  • 判型:B5判
  • ページ数:565ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第8巻書影

日本地誌 第5巻  関東地方総論・茨城県・栃木県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1968年11月
  • 判型:B5判
  • ページ数:643ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第5巻書影

日本地誌 第6巻  群馬県・埼玉県

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1968年4月
  • 判型:B5判
  • ページ数:461ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第6巻書影

日本地誌 第7巻  東京都

日本地誌研究所(編)

  • 発行日:1967年7月
  • 判型:B5判
  • ページ数:502ページ
  • 定価:本体12,000円(税別)

日本地誌』(全21巻)は,20世紀最大の日本地誌叢書で,論述内容は日本の地理学研究の最高水準を示すものです。日本地誌研究所が各巻の論述内容を厳密に規定し,全国各地460名余の地理学者に分担執筆を依頼し,執筆された原稿を研究所スタッフが綿密に検討し,統一等必要な訂正を加えてから印刷に付しました。全巻の刊行には17年を要しました。

日本地誌 第7巻書影