単行本

二宮書店の新刊書籍

  • 二宮書店では,地理に関連した単行本を刊行しています。お近くの書店で,ご注文ください。
  • また,各書籍のページから,各オンライン書店へのリンクを掲載しています。

地図学の聖地を訪ねて 地形図片手にたどる 測量の原点と地理教科書ゆかりの地

松山 洋(編著)

  • 発行日:2017年4月1日
  • 判型:B5
  • ページ数:104ページ
  • 定価:本体1,900円(税別)

『地図学の聖地を訪ねて』は,新たなスタイルの「地形図ぶらり旅」入門書です。 日本経緯度原点・日本水準原点など地図を作る上で重要な場所や,扇状地・河岸段丘など地理教科書でよく取り上げられている場所を「地図学の聖地」と名付けました。そして,著者が実際に訪れた現地の様子を,豊富な地形図・カラー写真とともに紹介しました。

地図学の聖地を訪ねて書影

スキーリゾートの発展プロセス 日本とオーストリアの比較研究

呉羽 正昭(著)

  • 発行日:2017年4月1日
  • 判型:A5
  • ページ数:232ページ
  • 定価:本体3,200円(税別)

スキーリゾートの発展プロセス』は,日本とオーストリアを事例に,スキーリゾートの発展プロセスにみられる地域的・時間的傾向,発展にかかわる地域的条件について地理学の立場から解明する,スキーリゾートの理解や今後の再生に必読の書です。

スキーリゾートの発展プロセス書影

Field Note

  • 発行日:2017年4月1日
  • 判型:B6判変形
  • ページ数:128ページ
  • 定価:本体600円(税別)

Field Note(フィールドノート)』 は野帳,測量野帳ともよばれる野外で記録するためのノートです。

Field Note書影

78件中 41〜50件目を表示

ドイツが変わる 東欧が変わる

小林 浩二(編・著)

  • 発行日:1996年4月6日
  • 判型:A5判
  • ページ数:240ページ
  • 定価:本体2,233円(税別)

ドイツが変わる 東欧が変わる』は,旧東ドイツの人口,農・工・商業,都市と農村,地域計画の特質について,また,ポーランド・チェコ・ハンガリーを対象に,民営化の進展,外国資本の流入,地域の変化について考察した本です。

ドイツが変わる 東欧が変わる書影

ラブリーニュージーランド  自然と人間の生活

井田 仁康(著)

  • 発行日:1996年4月6日
  • 判型:B6判
  • ページ数:210ページ
  • 定価:本体1,748円(税別)

ラブリーニュージーランド —自然と人間の生活—』は,ニュージーランドでの生活体験を基に,各地方の自然の美しさやそこに暮らす人々を紹介した本です。統計などの客観的資料を多く採用して,地理的見地からの裏付けを得るよう工夫しています。

ラブリーニュージーランド書影

ラテンアメリカ入門

Alan Gilbert(著),山本 正三(訳)

  • 発行日:1996年4月1日
  • 判型:A5判
  • ページ数:112ページ
  • 定価:本体1,359円(税別)

ラテンアメリカ入門』は,ルートレッジ第三世界開発叢書『Latin America』1990の日本語訳です。ラテンアメリカ地域の発展を,16世紀の植民地形成から現代まで振り返り,進歩と貧困を外部の影響と内部の活力から解釈し,農業開発,工業化,所得配分,人種,性差や政治の性格など広範囲の問題を歴史的背景を念頭に考察しました。

ラテンアメリカ入門書影

頚城油田・三ツ俣鉱業の盛衰  明治期の油井株取引

松永 正智(編著)

  • 発行日:1996年3月1日
  • 判型:B5判
  • ページ数:206ページ
  • 定価:本体3,689円(税別)

頚城油田・三ツ俣鉱業の盛衰 —明治期の油井株取引—』は,「読みやすい清里村の石油史」を後世に残そうと試みたもので,日本の明治期の石油開発について知ることの出来る,数少ない貴重な資料です。新潟県中頚城郡清里村の旧家で発見された資料の分析と研究成果を中心としてとりまとめました。

頚城油田・三ツ俣鉱業の盛衰書影

EUの地理学

佐々木 博(著)

  • 発行日:1995年4月1日
  • 判型:A5判
  • ページ数:192ページ
  • 定価:本体2,233円(税別)

EUの地理学』は,EUの位置する自然,その歩み,産業・文化・地域政策,日本との関係などについて詳述した本です。

EUの地理学書影

改訂版

アメリカとカナダの風土  日本的視点

正井 泰夫(著)

  • 発行日:1995年4月1日
  • 判型:A5判
  • ページ数:168ページ
  • 定価:本体2,330円(税別)

アメリカとカナダの風土 改訂版』は,アメリカ人やカナダ人を,日本人がどう見るか,見るべきか,日本人とどこが似ているか,異なるかを同じ尺度で比べ,自然,民族,産業などを生活面との関連で捉えた本です。

アメリカとカナダの風土書影

ラテンアメリカの巨大都市  第三世界の現代文明

山田 睦男・細野 昭雄・高橋 伸夫・中川 文雄(著)

  • 発行日:1994年4月10日
  • 判型:B5判
  • ページ数:342ページ
  • 定価:本体6,505円(税別)

ラテンアメリカの巨大都市 第三世界の現代文明』は,メキシコ市やサンパウロを中心とするブラジルの大都市圏に生じている深刻な都市問題を中心に,ラテンアメリカにおける巨大都市研究の現代的意義と課題を詳述した本です。

ラテンアメリカの巨大都市書影

統合ドイツの光と影

小林 浩二(著)

  • 発行日:1993年11月1日
  • 判型:B6判
  • ページ数:220ページ
  • 定価:本体1,748円(税別)

統合ドイツの光と影』は,現在統合ドイツを啓く書です。旧東ドイツ,西ドイツは40年以上にわたって異なる道を歩んできた。全く異なった価値観が形成され,独自の地域づくりや国づくりもおこなわれてきた東西ドイツの統合が実現した現在の,旧東ドイツ人の新しい生き方の模索に迫りました。

統合ドイツの光と影書影

地域変化とその構造  高度経済成長期の農山漁村

石井 英也(著)

  • 発行日:1992年11月23日
  • 判型:A5判
  • ページ数:168ページ
  • 定価:本体2,233円(税別)

地域変化とその構造 —高度経済成長期の農産漁村—』は,高度経済成長期における農山漁村の変容の実態と、その地理的意味を考察する本です。地域変化の実態と構造的特徴を実例を通して把握しました。

地域変化とその構造書影

グローバル世界地誌  大西洋圏と太平洋圏

正井 泰夫(著)

  • 発行日:1992年4月15日
  • 判型:A5判
  • ページ数:168ページ
  • 定価:本体2,233円(税別)

グローバル世界地誌 —大西洋圏と太平洋圏—』は,地理的事象ごとに世界地図上に表現した本です。ゆれ動く現代世界を新しい視点で地誌的に取り上げ,大西洋圏と太平洋圏の比較や国際関係の地理的解釈にも力を入れました。

グローバル世界地誌書影