高等学校の先生向けページ

平成30年度用 教科書・地図帳・副教材

地理月報

地理月報553号 2018年10月22日発行

地理月報の第553号は,2018年10月20日に発行されました。第553号の特集は,『今,インドが熱い。』です。カレーからみたインドの地理歴史,日本からも投資が盛んで注目されるアンドラプラデシュ州の新州都についての特集など,地理総合・地理探究を見据えた国際理解学習にも応用できる内容になっています。

地理月報は,高等学校の地理歴史科の先生,大学の地理学関連の先生向けに発行している機関誌です。購読をご希望の方は,お問い合わせフォームより弊社までご連絡ください(一般の方の購読は受け付けていません)。

553号の目次

特集:今,インドが熱い。

特集

  • インドカレーの地理〜北と南で異なること(クッキングスタジオ「サザンスパイス」・渡辺 玲)
  • 注目されるアンドラプラデシュ州の新州都〜豊かで多様な文化を基盤として建設が進む未来都市〜(サプタムインターナショナルインド・D.K.バルマ)
  • 現代インドを地理でどのように考えさせていくのか(三重大学教育学部・永田 成文)
  • 地図帳を見ながらインドの写真を読み解く(二宮書店編集部)

連載:新・地理屋のスキルノート11

  • GISで地域課題を探究する授業(群馬県立桐生女子高等学校・田中 隆志)

連載:授業に役立つ自然地理56

  • ナウマンゾウはなぜ雪国に集まった? 〜氷期のフォッサマグナ〜(茨城県立土浦第一高等学校・松本 穂高)
バックナンバー

地理Q&A

シェールオイルについて

シェールオイルについて教えて下さい。

石油や天然ガスは,主にそれを生成する岩石(根源岩)と,生成後,地層中を拡散した石油やガスを集積する岩石(貯留岩)に含まれています。従来の油田・ガス田は貯留岩から石油や天然ガスを採取しているのに対し,根源岩から回収した石油をシェールオイル,天然ガスをシェールガスといいます。専門的には,根源岩から直接回収した石油をタイトオイルと呼ぶ場合もあります。貯留岩からの採取した石油を在来型とよぶのに対し,このシェールオイルや,オイルサンドという砂岩に含まれる流動性のない石油などを,非在来型とよびます。(在来型についてはQ『続きを読む »