高等学校の先生向けページ

平成30年度用 教科書・地図帳・副教材

地理月報

地理月報551号 2018年1月10日発行

地理月報の第551号は,2018年1月10日に発行されました。第551号では『新しい地理教育2018』について特集しています。

地理月報は,高等学校の先生向けに発行している機関誌です。購読をご希望の方は,お問い合わせフォームより弊社までご連絡ください。

551号の目次

特集:新しい地理教育2018〜新学習指導要領に向けて〜

現地レポート

  • 神秘の島・マダガスカル〜陸から見るか? 空から見るか?〜(宮城県仙台城南高等学校・伊藤 恵)

特集

  • 新しい学習指導要領と「地理総合」「地理探究」(筑波大学・井田 仁康)
  • 地図帳における一般図の指導はどうあるべきか(日本大学経済学部・卜部 勝彦)

地理オリンピック

  • 国際地理オリンピック ベオグラード大会参加報告 〜記述式テストとフィールドテストに焦点を当てて〜
    (専修大学松戸高等学校・泉 貴久/岡山県立津山高等学校・小河 泰貴)

連載:新・地理屋のスキルノート10

  • 「難民」を高校地理で考える(群馬県立桐生女子高等学校・田中 隆志)

連載:授業に役立つ自然地理54

  • 悪魔はなぜ里に住む? 〜タスマニア島の固有種〜(茨城県立土浦第一高等学校・松本 穂高)
バックナンバー

地理Q&A

楯状地と卓状地の区別について

楯状地と卓状地の区別について説明して下さい。

楯状地も卓状地も,地質(岩石の種類・年代・配列)に基づく地域区分です。いずれも先カンブリア時代(地球誕生~5.4億年前)という古い時代の造山運動※1によってつくられた岩石(花崗岩・片麻岩など)を土台(=基盤岩)とした地域で,あわせて安定陸塊(または安定地塊)と呼びます。このうち楯状地とは,先カンブリア時代の基盤岩が地表に露出している一帯をさします。こうした地域は長い間の侵食作用によって平坦化され,なだらかな丘陵地・高原になっていることが多く,全体的にみると中世の騎士が使った楯を伏せたような地形のところが多いので,楯...

続きを読む »