クック諸島を日本が国家承認

クック諸島を日本が国家承認

2011年3月26日

日本政府は25日の閣議でクック諸島を国家承認しました。日本が承認した国は193か国目となります。クック諸島は,ニュージーランドの北東約 3,000キロメートルに位置する,面積約240平方km,人口約22,600人の国家です。弊社では首都はアバルア(Avarua)と表記します。

Beach on Rarotonga
Beach on Rarotonga by P F C 2, on Flickr

クック諸島は太平洋のポリネシアにある島国で,1901年から1965年8月3日まではニュージーランドの属領でした。1965年8月4日にクック 諸島憲法が制定されて以来ニュージーランドと自由連合関係にあり,外交・防衛といった対外主権をニュージーランドに委ねているという立場から,日本政府は 国家承認をせず,ニュージーランドの一地域として管轄してきました。

2001年は,クック諸島がニュージーランドの属領となってから100年目を迎える節目の年でした。この年に,ニュージーランドとクック諸島は,JOINT CENTENARY DECLARATIONという宣言を発表しました。この宣言の第4条と第5条に基づき,クック諸島は主権独立国家として外交を活発化させています。第4条と第5条を,以下に英文のまま記します。

4 Foreign Affairs

1. In the conduct of its foreign affairs, the Cook Islands interacts with the international community as a sovereign and independent state. Responsibility at international law rests with the Cook Islands in terms of its actions and the exercise of its international rights and fulfilment of its international obligations.

2. Any action taken by New Zealand in respect of its constitutional responsibilities for the foreign affairs of the Cook Islands will be taken on the delegated authority, and as an agent or facilitator at the specific request of, the Cook Islands. Section 5 of the Cook Islands Constitution Act 1964 thus records a responsibility to assist the Cook Islands and not a qualification of Cook Islands’ statehood.

3. Without impairing the right of either Signatory to formulate and implement its own foreign policies, the Signatories undertake to:
a. consult regularly on foreign affairs matters with a view to formulating common policies on important foreign affairs issues;
b. cooperate in the pursuit of common foreign relations objectives; and
c. advise each other when a proposed foreign policy initiative may affect the rights, obligations and interests of the other Signatory.

5 Treaties

The Government of the Cook Islands possesses the capacity to enter into treaties and other international agreements in its own right with governments and regional and international organisations.

特に第4条の1で,「外交上の行為では,主権・独立国家として国際社会とともに行動する」ことが明記されました。2001年にはEUとの間で外交関係が開かれ,現在も,日本を含めて27か国と外交関係を結ぶなど,国家承認を求める活動を続けています。

尚,クック諸島の独立年は,ニュージーランドとの間で自由連合関係がつくられた1965年であると解釈しています。同じくニュージーランドと自由連合関係 にあるニウエにつきましては,現在のところ日本は国家承認しておりません。国連本部は,1992年にクック諸島,1994年にニウエについて,完全な条約 締結能力(full treaty-making capacity)を認めています(→参考PDF)。